ヘッダー
Visual Basic サンプル集
VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

配列の要素の数を取得する

2020/5/26

要素の数は Lenfthプロパティで取得できます。インデックスの最大値はUBound関数で取得できます。以下に例を示します。

 

1次元配列の要素の数を取得する

以下の例を実行すると出力ウィンドウのデバッグに要素の数である「3」が表示されます。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim values() As String = {"アメンボ", "イノシシ", "ウマ"}
Dim count As Integer

count = values.Length

Debug.WriteLine(count)

Debug.WriteLineで表示される場所がわからない場合はこちらの画像を見てください。 → Debug.WriteLineやDebug.Printが表示される場所

 

Lengthプロパティの代わりにCountメソッドを使っても同じです。ただし古いバージョンでは使用できません。

この例を実行しても出力ウィンドウのデバッグに酔うその数である「3」が表示されます。

 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim values() As String = {"アメンボ", "イノシシ", "ウマ"}
Dim count As Integer

count = values.Count

Debug.WriteLine(count)

Debug.WriteLineで表示される場所がわからない場合はこちらの画像を見てください

 

1次元配列のインデックスの最大値を取得する

以下の例を実行すると出力ウィンドウのデバッグにインデックスの最大値である「2」が表示されます。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim values() As String = {"アメンボ", "イノシシ", "ウマ"}
Dim count As Integer

count = values.Length

Debug.WriteLine(count)

Debug.WriteLineで表示される場所がわからない場合はこちらの画像を見てください。 → Debug.WriteLineやDebug.Printが表示される場所

 

以下の例を実行すると出力ウィンドウにすべての要素が表示されます。表示されるのは「アメンボ」、「イノシシ」、「ウマ」です。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim values() As String = {"アメンボ", "イノシシ", "ウマ"}

For i As Integer = 0 To UBound(values)
    Debug.WriteLine(values(i))
Next

 

参考:以下の例でも出力ウィンドウにすべての要素が表示されます。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim values() As String = {"アメンボ", "イノシシ", "ウマ"}

For Each item As String In values
    Debug.WriteLine(item)
Next

 

 

多次元配列の次元数を取得する

以下の例を実行すると出力ウィンドウに次元の数である「2」が表示されます。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim values(,) As String = {{"アメンボ", "イノシシ", "ウマ"},
                           {"Apple", "Banana", "Cat"}}
Dim rank As Integer

rank = values.Rank

Debug.WriteLine(rank)

Debug.WriteLineで表示される場所がわからない場合はこちらの画像を見てください。 → Debug.WriteLineやDebug.Printが表示される場所

 


多次元配列の全要素数を取得する

以下の例を実行すると全要素の数である「6」が表示されます。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim values(,) As String = {{"アメンボ", "イノシシ", "ウマ"},
                           {"Apple", "Banana", "Cat"}}
Dim count As Integer

count = values.Length

Debug.WriteLine(count)

Debug.WriteLineで表示される場所がわからない場合はこちらの画像を見てください。 → Debug.WriteLineやDebug.Printが表示される場所

 

指定した次元にある要素の数を取得する

以下の例を実行すると2次元目の要素数である「3」が表示されます。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim values(,) As String = {{"アメンボ", "イノシシ", "ウマ"},
                           {"Apple", "Banana", "Cat"}}
Dim count As Integer

'0からカウントするので2次元目の要素数を取得したい場合は1を指定する。
count = values.GetLength(1)

Debug.WriteLine(count)

Debug.WriteLineで表示される場所がわからない場合はこちらの画像を見てください。 → Debug.WriteLineやDebug.Printが表示される場所