ヘッダー
Visual Basic サンプル集
VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Visual Basic 中学校 > Visual Basic サンプル集 >

日付のひき算

2020/6/16

→ C# のサンプルに切り替える

 

何日経過したかを求める

VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim date1 As Date = #1/12/2025#
Dim date2 As Date = #12/25/2024#

Dim result As Integer = (date1 - date2).Days

Debug.WriteLine(result) ' 18 と表示されます。

Debug.WriteLineが表示される場所

 

 

60日と8時間50分23秒前 を求める 

VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim sourceDate As Date = #8/20/2024#
Dim span As New TimeSpan(60, 8, 50, 23) '60日と8時間50分23秒を表す期間
Dim result As Date = sourceDate - span

Debug.WriteLine(result.ToString("yyyy\/MM\/dd HH\:mm\:ss")) '2024/06/20 15:09:37 と表示されます。

Debug.WriteLineが表示される場所

 

 

14日前の日付を求める

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim sourceDate As Date = #1/12/2025#
Dim result As Date = sourceDate.AddDays(-14)

Debug.WriteLine(result.ToString("yyyy\/MM\/dd")) ' 2024/12/29 と表示されます。

Debug.WriteLineが表示される場所

 

14ヶ月前の日付を求める

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim sourceDate As Date = #1/12/2025#
Dim result As Date = sourceDate.AddMonths(-14)

Debug.WriteLine(result.ToString("yyyy\/MM\/dd")) ' 2023/11/12 と表示されます。

Debug.WriteLineが表示される場所

 

次の例は 2025/3/31 の1ヶ月前の日付を求めます。

2月には31日がないので結果は28日になる点がポイントです。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim sourceDate As Date = #3/31/2025#
Dim result As Date = sourceDate.AddMonths(-1)

Debug.WriteLine(result.ToString("yyyy\/MM\/dd")) ' 2025/02/28 と表示されます。

Debug.WriteLineが表示される場所

 

14年前の日付を求める

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim sourceDate As Date = #1/12/2025#
Dim result As Date = sourceDate.AddYears(-14)

Debug.WriteLine(result.ToString("yyyy\/MM\/dd")) ' 2011/11/12 と表示されます。

Debug.WriteLineが表示される場所

メモ:紀元前は表現できません。ArgumentOutOfRangeException が発生します。

 

次の例は 2024/2/29 の1年前の日付を求めます。

2023年の2月には29日がないので結果は28日になる点がポイントです。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim sourceDate As Date = #2/29/2024#
Dim result As Date = sourceDate.AddYears(-1)

Debug.WriteLine(result.ToString("yyyy\/MM\/dd")) ' 2023/02/28 と表示されます。

Debug.WriteLineが表示される場所

 

 

何ヶ月経過したかを求める

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim date1 As Date = #1/12/2025#
Dim date2 As Date = #6/27/2016#

Dim month As Integer = 0
Do While (date2.AddMonths(month + 1) < date1)
    month += 1
Loop

Debug.WriteLine(month) ' 102 と表示されます。

Debug.WriteLineが表示される場所

 

次の例は、1日(月の始めの日)を何回またいだかを数えます。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim date1 As Date = #1/12/2025#
Dim date2 As Date = #6/27/2016#

Dim result As Integer = DateDiff(DateInterval.Month, date2, date1)

Debug.WriteLine(result) ' 103 と表示されます。

Debug.WriteLineが表示される場所

 

 

何年経過したかを求める

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim date1 As Date = #1/12/2025#
Dim date2 As Date = #6/27/2016#

Dim year As Integer = 0
Do While (date2.AddYears(year + 1) < date1)
    year += 1
Loop

Debug.WriteLine(year) ' 8 と表示されます。

Debug.WriteLineが表示される場所

 

次の例は、1月1日を何回またいだかを数えます。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim date1 As Date = #1/12/2025#
Dim date2 As Date = #6/27/2016#

Dim result As Integer = DateDiff(DateInterval.Year, date2, date1)

Debug.WriteLine(result) ' 9 と表示されます。

Debug.WriteLineが表示される場所

 

 

聖徳太子が生まれてから何日経ったかを求める

VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

'この聖徳太子の生年月日は日本書紀の暦を機械的に西暦に置き換えたものであり、厳密ではありません。
Dim taishiBirthday As Date = #2/7/574#

Dim totalDays As Double = (Now - taishiBirthday).TotalDays

Debug.WriteLine("聖徳太子が生まれてから " & totalDays.ToString("0") & " 日経過しています。")

Debug.WriteLineが表示される場所

 

 

弥勒が現れるまで後何年かを求める

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim shakaDeath As Long = -486 '釈迦が死亡したおおよその年
Dim mirokuSpan As Long = 5670000000 '釈迦死亡後、弥勒菩薩が現れるまで56億7千万年

Dim mirokuYear As Long = shakaDeath + mirokuSpan
Dim untilMiroku As Long = mirokuYear - Now.Year

Debug.WriteLine("弥勒が現れるまで後 " & untilMiroku & "年です。")

Debug.WriteLineが表示される場所

メモ:太陽系ができたのが約45億年前です。それより長い時間待つ必要があります。