ヘッダー
Visual Basic サンプル集
VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

日付のたし算

2020/6/16

 

40日後を求める

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim sourceDate As Date = #8/20/2024#
Dim result As Date = sourceDate.AddDays(40)

Debug.WriteLine(result.ToString("yyyy\/MM\/dd"))

実行すると 2024/09/29 と表示されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

 

60日と8時間50分23秒後 を求める 

VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim sourceDate As Date = #8/20/2024#
Dim span As New TimeSpan(60, 8, 50, 23) '60日と8時間50分23秒を表す期間
Dim result As Date = sourceDate + span

Debug.WriteLine(result.ToString("yyyy\/MM\/dd HH\:mm\:ss"))

実行すると 2024/10/19 08:50:23 と表示されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

 

40ヵ月後を求める

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim sourceDate As Date = #8/20/2024#
Dim result As Date = sourceDate.AddMonths(40)

Debug.WriteLine(result.ToString("yyyy\/MM\/dd"))

実行すると 2027/12/20 と表示されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

次の例は 2024/1/31 の1ヶ月後の日付を求めます。

2月には31日がないので結果は29日になる点がポイントです。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim sourceDate As Date = #1/31/2024#
Dim result As Date = sourceDate.AddMonths(1)

Debug.WriteLine(result.ToString("yyyy\/MM\/dd"))

実行すると 2024/02/29 と表示されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

 

40年後を求める

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim sourceDate As Date = #8/20/2024#
Dim result As Date = sourceDate.AddYears(40)

Debug.WriteLine(result.ToString("yyyy\/MM\/dd"))

実行すると 2064/08/20 と表示されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

次の例では 2024/2/29 の1年後の日付を求めます。

2025年の2月には29日がないので結果は28日になる点がポイントです。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim sourceDate As Date = #2/29/2024#
Dim result As Date = sourceDate.AddYears(1)

Debug.WriteLine(result.ToString("yyyy\/MM\/dd"))

実行すると 2025/02/28 と表示されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

 

40時間後を求める

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim sourceDate As Date = #8/20/2024#
Dim result As Date = sourceDate.AddHours(40)

Debug.WriteLine(result.ToString("yyyy\/MM\/dd HH\:mm\:ss"))

実行すると 2024/08/21 16:00:00 と表示されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 


VB6対応  VB6 では DateAdd を使用します。 → VB6 日付の足し算