ヘッダー

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

 

Visual Basic 中学校 > VB.NET サンプル >

右クリックなどに反応する

以下の例でマウスの左クリック・右クリック・マウスホイールクリックなどに応じて異なるメッセージを表示する。

VB2005対応

Private Sub Form1_MouseClick(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.Forms.MouseEventArgs) Handles Me.MouseClick

    Select Case e.Button
       
Case Windows.Forms.MouseButtons.Left
            MsgBox(
"左ボタンがクリックされました。")

        Case Windows.Forms.MouseButtons.Right
            MsgBox(
"右ボタンがクリックされました。")

       
Case Windows.Forms.MouseButtons.Middle
            MsgBox(
"マウスホイールがクリックされました。")

       
Case Windows.Forms.MouseButtons.XButton1
            MsgBox(
"X1ボタンがクリックされました。")

       
Case Windows.Forms.MouseButtons.XButton2
            MsgBox(
"X2ボタンがクリックされました。")

    End
Select

End Sub

 

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

Private Sub Form1_MouseUp(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.Forms.MouseEventArgs) Handles Me.MouseUp

    Select Case e.Button
       
Case Windows.Forms.MouseButtons.Left
            MsgBox(
"左ボタンがクリックされました。")

       
Case Windows.Forms.MouseButtons.Right
            MsgBox(
"右ボタンがクリックされました。")

       
Case Windows.Forms.MouseButtons.Middle
            MsgBox(
"マウスホイールがクリックされました。")

       
Case Windows.Forms.MouseButtons.XButton1
            MsgBox(
"X1ボタンがクリックされました。")

       
Case Windows.Forms.MouseButtons.XButton2
            MsgBox(
"X2ボタンがクリックされました。")

    End
Select

End Sub