ヘッダー

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

 

Visual Basic 中学校 > VB.NET サンプル >

イベントとプロシージャを関連付ける

1.静的に関連付ける例

以下の例ではButton1をクリックしたときにSampleプロシージャが呼び出される。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

Private Sub Sample(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

    MsgBox(
"Button1です")

End
Sub

 

2.動的に関連付ける例

以下の例ではButton1をクリックしたときにSampleプロシージャが呼び出される。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load

    AddHandler
Button1.Click, AddressOf Sample

End
Sub
Private Sub Sample(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs)

    MsgBox(
"Button1です")

End
Sub

 

3.複数のイベントを1つのプロシージャに静的に関連付ける

以下の例ではButton1またはButton2をクリックしたときにSampleプロシージャが呼び出される。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

Private Sub Sample(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click, Button2.Click

    MsgBox(
"Button1またはButton2です")

End
Sub

 

4.イベントとプロシージャの関連付けを解除する

以下の例ではButton1ClickイベントとSampleプロシージャの結びつきを解除する。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load

    RemoveHandler Button1.Click, AddressOf Sample

End
Sub
Private Sub Sample(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

    MsgBox(
"Button1ですか?")

End
Sub