ヘッダー

VB2005対応

 

Visual Basic 中学校 > VB.NET サンプル > Windows.Forms.DataGridView >

データベースからデータを読み込んで表示する

この記事は AccessのMDBファイルを対象にしています。他のデータベースでも接続設定の部分を変更すれば同じコードが実行できます。

以下の例では、Access 2002付属のサンプルデータベース Northwind から[社員]テーブルの内容を読み込んでDaraGridViewに表示する。

VB2005対応

'▼MDBへの接続設定
'接続設定は環境に応じて書き換えてください。

'接続文字列の作成
Dim ConnectionString As String
Dim CommandText As String
Dim UserID As String = "Admin"
Dim Password As String = ""
Dim MDBFile As String = "C:\Program Files\Microsoft Office\Office10\Samples\Northwind.mdb"

ConnectionString = "Provider=""Microsoft.Jet.OLEDB.4.0"";"
ConnectionString &= "Data Source=""" & MDBFile & """;"
ConnectionString &= "User ID=" & UserID & ";"
ConnectionString &= "Jet OLEDB:Database Password=" & Password

'SQLのSELECT文を作成
CommandText = "SELECT * FROM 社員"

'以上の設定からデータアダプターを生成
Dim Adapter As New System.Data.OleDb.OleDbDataAdapter
Adapter =
New System.Data.OleDb.OleDbDataAdapter(CommandText, ConnectionString)

'▼データの読み込み

Dim Table As New DataTable()
Adapter.Fill(Table)

'▼データソースを設定してDataGridViewにデータを表示

Dim BindingSource1 As New BindingSource

BindingSource1.DataSource = Table
DataGridView1.DataSource = BindingSource1

 


VB6対応 VB6にはDataGridViewがありません。VB6用のいくつかのグリッドコントロールが用意されていますがそれらの制御手法はここで紹介しているものとは大きく異なります。

VB.NET 2002 対応 VB.NET 2003 対応 VB.NET2002, VB.NET2003にはDataGridViewがありません。DataGridを使用してデータベースからデータを読み込んで表示するにはDataGridデータベースからデータを読み込んで表示するを参照してください。