ヘッダー

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

 

Visual Basic 中学校 > VB.NET サンプル >

マウスの位置を取得する

1.マウスの位置をスクリーン座標で取得する

スクリーン座標とは画面の左上が(0, 0)となる座標系。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

Dim X As Integer
Dim Y As Integer
Dim Pos As Point = Windows.Forms.Cursor.Position

X = Pos.X
Y = Pos.Y

Label1.Text = X & ", " & Y

 

2.マウスの座標をフォーム座標で取得する

フォーム座標とはフォームの左上が(0, 0)となる座標系。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

Dim X As Integer
Dim Y As Integer
Dim Pos As Point = Me.PointToClient(Windows.Forms.Cursor.Position)

X = Pos.X
Y = Pos.Y

Label1.Text = X & ", " & Y

メモ:この例はフォーム内に記述する場合の例です。フォームではない場所にこのコードを記述するときはMeの部分を目的のフォームを表す変数に変更してください。

 

3.マウスの座標をクライアント座標で取得する

クライアント座標とは個々のコントロールから見たマウスの座標で、コントロールの左上が(0, 0)となる座標系。

フォーム座標はフォームから見たクライアント座標ということになる。

以下の例ではTextBox1のクライアント座標でマウスの位置を表示する。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

Dim X As Integer
Dim Y As Integer
Dim Pos As Point = TextBox1.PointToClient(Windows.Forms.Cursor.Position)

X = Pos.X
Y = Pos.Y

Label1.Text = X & ", " & Y