ヘッダー

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

 

Visual Basic 中学校 > VB.NET サンプル > Windows.Forms.TreeView >

ノードごとにアイコンを表示する

参照:TreeViewの基礎用語

 

1.すべてをプロパティで制御する

あらかじめImageListを用意し、TreeViewのプロパティを設定するだけでアイコンを表示させることができる。

ImageListを用意する方法は以下を参照。

ImageListの使用方法

TreeViewのプロパティではImageIndexプロパティに通常時にアイコンのインデックスを指定する。SelectedImageIndexプロパティには選択時のアイコンのインデックスを指定する。

 

2.プログラムで指定する

あらかじめImageListを用意しておくと、プログラムの量を減らして簡素化することができる。

ImageListを用意する方法は以下を参照。

ImageListの使用方法

以下の例では通常の場合、ImageIndexが0の画像をアイコンとして表示する。選択状態の場合はImageIndexが1の画像をアイコンとして表示する。ImageIndexの設定はImageListで行う。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

Dim Node As New TreeNode("ルート", 0, 1)

TreeView1.Nodes.Add(Node)

 

以下の例も上記と同じ。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応


TreeView1.Nodes.Add(New TreeNode("ルート", 0, 1))
 

 

 

3.すべてプログラムから制御する方法

この例では、あらかじめImageListを用意する必要がない。

通常の場合はC:\Test\Red.gifをアイコンとして表示する。選択状態の場合はC:\Test\Blue.gifをアイコンとして表示する。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

Dim Icons As New ImageList
Dim Node As TreeNode

Icons.Images.Add("Red", Image.FromFile("C:\Test\Red.gif"))
Icons.Images.Add("Blue", Image.FromFile("C:\Test\Blue.gif"))

TreeView1.ImageList = Icons

Node = New TreeNode("ルート", 0, 1)
TreeView1.Nodes.Add(Node)