ヘッダー

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

 

Visual Basic 中学校 > VB.NET サンプル >

ショートカットを作成する

以下の例では「電卓」(C:\Windows\System32\Calc.exe)へのショートカットをC:\に作成する。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

Dim oShell As Object = CreateObject("WScript.Shell")
Dim oShortcut As Object = oShell.CreateShortcut("C:\電卓.lnk")
'ショートカットのファイル名

oShortcut.Description = "説明(省略可能)"
oShortcut.TargetPath = "C:\Windows\System32\calc.exe"
'リンク元のファイル名
oShortcut.Save()

 


VB6対応 →VB6でも同様の手法でショートカットを作成することができる。ただし、古いWindowsではこの手法は通用しないので注意。