ヘッダー

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応

 

Visual Basic 中学校 > VB.NET サンプル > Windows.Forms.ListBox >

指定した位置の項目を取得する

注意:DataSourceプロパティを使用して項目を追加した場合は、ここで説明する方法で項目を 取得することはできない。

 

1.3番目の項目を取得する例

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応


Label1.Text = ListBox1.Items(2)
 

 

2.最後の項目を取得する例

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応


Label1.Text = ListBox1.Items(ListBox1.Items.Count - 1)