ヘッダー

Visual Basic 中学校 > VB.NET サンプル > Windows.Forms.DataGrid >

VB.NET 2002 対応 VB.NET 2003 対応

値を表示する

以下の例はデータベースとは関係なく任意の値をDaraGridに表示する。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応

Dim Table As New DataTable
Dim Row As DataRow

Table.Columns.Add("名前", GetType(String))
Table.Columns.Add("年齢", GetType(Integer))
Table.Columns.Add("備考", GetType(String))

Row = Table.NewRow
Row("名前") = "徳川家康"
Row("年齢") = 20
Row("備考") = "江戸幕府を開いた。"
Table.Rows.Add(Row)

Row = Table.NewRow
Row("名前") = "豊臣秀吉"
Row("年齢") = 30
Row("備考") = "朝鮮に出兵した。"
Table.Rows.Add(Row)

Row = Table.NewRow
Row("名前") = "織田信長"
Row("年齢") = 40
Row("備考") = "本能寺の変で命を落とした。"
Table.Rows.Add(Row)

DataGrid1.DataSource = Table

 


VB2005対応 VB2005ではDataGridをDataGridViewに置き換えるだけでまったくおなじコードが利用できます。