ヘッダー
Visual Basic サンプル集
VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

文字列の一部を抜き出す

 

 

1.左から3文字抜き出す例

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応


Dim st As String = Strings.Left("いろはにほへと", 3)
Debug.WriteLine(st)

この例ではデバッグウィンドウの出力に「いろは」と出力されます。 → Debug.WriteLineが表示される場所

 

Strings.Left

Strings.Left("いろはにほへと", 3)

 

別の方法

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim source As String = "いろはにほへと"
Dim st As String = source.Substring(0, 3)
Debug.WriteLine(st)

この例でもデバッグウィンドウの出力に「いろは」と出力されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

Substring

"いろはにほへと".Substring(0, 3)

 

 

2.右から2文字抜き出す例

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応


Dim st As String = Strings.Right("いろはにほへと", 2)
Debug.WriteLine(st)

この例ではデバッグウィンドウの出力に「へと」と出力されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

Strings.Right

Strings.Right("いろはにほへと", 2)

 

別の方法

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim source As String = "いろはにほへと"
Dim st As String = source.Substring(source.Length - 2)
Debug.WriteLine(st)

この例でもデバッグウィンドウの出力に「へと」と出力されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

Substring

"いろはにほへと".Substring("いろはにほへと".Length - 2)

 

3.中ほどから3文字抜き出す例

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応


Dim st As String = Strings.Mid("いろはにほへと", 2, 3)
Debug.WriteLine(st)

この例ではデバッグウィンドウの出力に「ろはに」と出力されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

Strings.Mid("いろはにほへと", 2, 3)

 

別の方法

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim source As String = "いろはにほへと"
Dim st As String = source.Substring(1, 3)
Debug.WriteLine(st)

この例でもデバッグウィンドウの出力に「ろはに」と出力されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

"いろはにほへと".Substring(1, 3)

 

4.左の2文字を除いたすべてを抜き出す例

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応


Dim st As String = Strings.Mid("いろはにほへと", 3)
Debug.WriteLine(st)

この例ではデバッグウィンドウの出力に「はにほへと」と出力されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

StringsMidToEnd

Strings.Mid("いろはにほへと", 3)

 

別の方法

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim source As String = "いろはにほへと"
Dim st As String = source.Substring(2)
Debug.WriteLine(st)

この例でもデバッグウィンドウの出力に「はにほへと」と出力されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

SubstringMidToEnd

"いろはにほへと".Substring(2)

 

5.右の2文字を除いたすべてを抜き出す例

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim source As String = "いろはにほへと"
Dim st As String = Strings.Left(source, Len(source) - 2)
Debug.WriteLine(st)

この例ではデバッグウィンドウの出力に「いろはにほ」と出力されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

Strings.Left

Strings.Left("いろはにほへと", Len("いろはにほへと") - 2)

 

別の方法

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim source As String = "いろはにほへと"
Dim st As String = source.Substring(0, source.Length - 2)
Debug.WriteLine(st)

この例でもデバッグウィンドウの出力に「いろはにほ」と出力されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

Substring

"いろはにほへと".Substring(0, "いろはにほへと",Length - 2)

 

6.指定した文字まで抜き出す例

この例では「に」までを抜き出します。

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim source As String = "いろはにほへと"
Dim st As Date = Strings.Mid(source, 1, InStr(source, "に") - 1)
Debug.WriteLine(st)

この例ではデバッグウィンドウの出力に「いろは」と出力されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

この例のように左端から切り抜く場合はLeftを使ってもう少し簡単に書けますが、応用が利くようにMidの例で記述しています。

 

Strings.Mid("いろはにほへと", 1, InStr("いろはにほへと", "に") - 1)

 

別の方法

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応 VB2015対応 VB2017対応 VB2019対応

Dim source As String = "いろはにほへと"
Dim st As Date = source.Substring(0, source.IndexOf("に"))
Debug.WriteLine(st)

この例でもデバッグウィンドウの出力に「いろは」と出力されます。→ Debug.WriteLineが表示される場所

 

 


VB6対応 VB6 文字列の一部を抜き出す 参照