ヘッダー

表紙 > VB.NET サンプル >

VB.NET 2002, VB.NET 2003, VB2005

クラスの宣言

  • 以下はすべてPublicで宣言する場合の例だが、Publicの他にPrivate, Friend, Protectedで宣言することもできる。これらの違いについては別項「宣言の効果」を参照。
  • どのクラスでもSystem.Objectの機能は持ってる。たとえば、宣言だけで中が空のクラスでもToStringメソッドを持っている。ただし、このページではSystem.Objectの機能には触(ふ)れない。
  • コンストラクタやオブジェクト指向の機能については将来、別項で扱う予定。

参照:データ型宣言の効果

 

1.空のクラスを宣言する例

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 

Public Class SampleClass

End Class

 

2.メソッドを一つ持つクラスの例

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 

Public Class SampleClass

    Public Function SampleMethod(ByVal X As Integer) As Integer

        Return X * 2

    End Function

End Class

 

. 分割してクラスを定義する例

こことは別にSampleClassが宣言されている場合に、別の場所に以下のように記述することで同じクラスの定義を分割することができる。

VB2005対応

Partial Public Class SampleClass

End Class

   

 


VB6対応 VB6では、クラスモジュールのコードがそのまま一つのクラスとなります。