ヘッダー

表紙 > VB.NET サンプル >

VB.NET 2002, VB.NET 2003, VB2005

プロパティの宣言

以下はすべてPublicで宣言する場合の例だが、Publicの他にPrivate, Friend, Protectedで宣言することもできる。これらの違いについては別項「宣言の効果」を参照。

参照:データ型宣言の効果

 

1.一般的に良く使われる例

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 

Private _MyProperty As String

Public Property MyProperty() As String
   
Get
       
Return _MyProperty
    End
Get
   
Set(ByVal Value As String)
        _MyProperty = Value
    End
Set
End Property

メモ:プロパティを宣言するだけならPublic Property End Propertyの間を記述すれば十分です。しかし、ほとんどのプロパティはプロパティ外に値を保存しているためこの例のような構成になります。

 

2.読み取り専用のプロパティを宣言する例

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 

Private _MyProperty As String

Public ReadOnly Property MyProperty() As String
    Get
        Return
_MyProperty
    End
Get
End Property

メモ:プロパティを宣言するだけならPublic ReadOnly PropertyEnd Propertyの間を記述すれば十分です。しかし、ほとんどのプロパティはプロパティ外に値を保存しているためこの例のような構成になります。

 

3.値の設定と読み取りで異なるアクセスレベルを設定する例

この例では、値の取得に関してはPublic, 値の設定に関してはPrivateなアクセスレベルを持つプロパティを宣言している。

VB2005対応

Private _MyProperty As String

Public Property MyProperty() As String
    Get
       
Return _MyProperty
    End
Get
   
Private Set(ByVal value As String)
        _MyProperty = value
    End
Set
End Property

    メモ:プロパティを宣言するだけならPublic Property End Propertyの間を記述すれば十分です。しかし、ほとんどのプロパティはプロパティ外に値を保存しているためこの例のような構成になります。

 


VB6対応 VB6では、Property Get, Property Let, Property Setを使ってプロパティを宣言します。