ヘッダー

表紙 > VB.NET サンプル >

VB.NET 2002, VB.NET 2003, VB2005

変数・定数・列挙体の宣言

参照:データ型宣言の効果

 

1.変数を宣言する例

以下はDimで宣言する場合の例だが、Dimの他にPrivate, Public, Friend, Protected, Staticで宣言することもできる。これらの違いについては別項「宣言の効果」を参照。

数値型の変数 X を宣言する例

VB6対応 VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 


Dim
X As
Integer
 

 

宣言と同時に値をセットする例

VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 


Dim
X As Integer = 10
 

 

 

.定数を宣言する例

以下はPrivateで宣言する場合の例だが、Privateの他にPublic, Friend, Protectedで宣言することもできる。これらの違いについては別項「宣言の効果」を参照。

数値型の定数 MyConst を宣言する例

VB6対応 VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 


Private
Const MyConst As Integer = 123
 

 

別の定数に依存する定数を宣言する例

VB6対応 VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 


Private
Const MyConst2 As Integer = MyConst + 1
 

 

 

3.列挙体を宣言する例

以下はPrivateで宣言する場合の例だが、Privateの他にPublic, Friend, Protectedで宣言することもできる。これらの違いについては別項「宣言の効果」を参照。

値に依存しない列挙体を宣言する例

VB6対応 VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 

Private Enum ENUM_USER_LEVEL
    levAdministrator
    levUser
    levGuest
End
Enum

 

このように宣言した場合、要素の出現順に0, 1, 2…と値が割り振られる。たとえば、上の例ではlevUser = 1 となる。

 

値に依存する列挙体を宣言する例

VB6対応 VB.NET2002対応 VB.NET2003対応 VB2005対応 

Private Enum ENUM_USER_LEVEL
    levAdministrator = 1
    levUser = 2
    levGuest = 4
End
Enum