ヘッダー
Visual Basic サンプル集
VB.NET 2002 対応 VB.NET 2003 対応 VB2005 対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応

ランダムな数値を生成する

1.1 から 100の範囲でランダムな整数を生成する例

VB.NET 2002 対応 VB.NET 2003 対応 VB2005 対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応
Dim r As New Random
Dim number As Integer = r.Next(1, 101)

MsgBox(number.ToString)

メモ:値の範囲は引数で指定します。2番目の引数は最大値+1を指定します。

メモ: ランダムな整数が2つ以上必要な場合は Next メソッドだけを呼び出します。

 

ランダムな整数を2つ生成する例。

VB.NET 2002 対応 VB.NET 2003 対応 VB2005 対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応  
Dim r As New Random

Dim number1 As Integer = r.Next(1, 101)
Dim number2 As Integer = r.Next(1, 101)

MsgBox(number1.ToString & " " & number2.ToString)

2.0.0 から 1.0の範囲でランダムな小数を生成する例

VB.NET 2002 対応 VB.NET 2003 対応 VB2005 対応 VB2008対応 VB2010対応 VB2012対応 VB2013対応  
Dim r As New Random
Dim number As Double = r.NextDouble

MsgBox(number.ToString)

メモ:整数の場合と違って、範囲の指定はできません。

 

参考

Randomクラスが生成するランダムな数値は完全な乱数ではありませんがゲーム等通常のアプリケーションでは実用上乱数として扱えるレベルです。詳細はMSDNライブラリの説明を参照してください。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.random(v=vs.110).aspx

VB6 対応 VB6ではRnd関数を使用します。